VideoWhisper RTMP Webセッションをチェック

追加のセキュリティ対策が必要なサイトとの統合のために, VideoWhisper Web アプリケーション Wowza RTMP側のサポートログインセッションチェック.

これは、必ずどのクライアントが以前にウェブサイトにログインせずにRTMPサーバーに接続できなくなります作るために使用されます (PHPエディションの_login.phpスクリプトで).
新しいクライアントは、セッション名でRTMPサーバーに接続しようとすると, そのクライアント·セッションが存在する場合、RTMPアプリケーションは、Webサーバーをチェックします. Webサーバは、そのクライアントがログインして確認していない場合は, RTMPサーバーは接続を拒否します. RTMPサーバーもRTMPとWebサーバー上で同じように設定する必要がありwebKeyをチェックします: これは、Webドメインハイジャックの場合の接続を防止します (WebサーバとRTMPサーバーのみが鍵を知っています, クライアントアプリケーションにはありません).

ノート

  • これは、外部エンコーダからの接続を無効にします (すなわち. FMLE) 選手 (すなわち. JwPlayer) そのRTMPアドレスへ, これらのように妥当性をチェックするためにセッション名を提供することはありません. これらのアプリケーションは、WebからのRTMPアドレスと、連続RTMPセッション制御でキーを挿入することができ、より高度なソリューションでサポートすることができます (RTMPは、Webスクリプトにオンラインセッションを報告し、これらは任意のRTMPセッションを終了することができます): RTMPセッション制御
  • 通常, 各インストールは、インストールとのセッション情報をチェックし、独自のRTMP側が必要になります. そうしないと、すべてのインストールを確認するためのスクリプトを微調整する必要があります.
  • この Wowza SE 機能はオプションでありこれらのプロパティを空白のままで無効にすることができます。.

RTMPの設定

RTMP側のWebセッションのチェックは現在、Wowza RTMP側でサポートされています. 最新のダウンロード Wowza RTMP側のバージョン, でこれらの設定をサーバーにデプロイおよび更新 confに/ videowhisperウェブ/のApplication.xml :


<プロパティ>
<財産>
<名前>acceptPlayers</名前>
<値>真の</値>
</財産>
<財産>
<名前>webLogin</名前>
<値>HTTP://installation_url /rtmp_login.php?S =</値>
</財産>
<財産>
<名前>webKey</名前>
<値>VideoWhisper</値>
</財産>
<財産>
<名前>webLogout</名前>
<値>HTTP://installation_url/rtmp_logout.php?S =</値>
</財産>
</プロパティ>
</アプリケーション>

その後WowzaMediaServerサービスを再起動. トラブルシューティングについてはWowzaアクセスログをチェック. エラーはエラーログに発生した場合 VideoWhisperにチケットを送信 これについて.

ウェブ形状

最新のビデオ会議のPHP版をダウンロードして、これらの統合ファイルをチェック:
rtmp.inc.php – ユーザーがvc_login.phpから認証したセッション情報を保存する ; あなたがそれを変更したい場合は$ webKeyが含まれています
rtmp_login.php – セッション名が有効であるかどうかを確認するためにRTMPサーバーによって呼び出さ (認証された); また、ユーザーがクライアントをキックできるようにcanKick許可を取得します
rtmp_logout.php – セッション名を持つクライアントが切断されると、RTMPサーバーによって呼び出さ (クリーンアップセッションに)

videowhisperウェブのRTMPアドレスを使用するようなsettings.phpを設定.

その他のエディションまたはインストールでこれを統合するためには、コピーする必要があります 3 ファイルは、インストールフォルダに上記の、ユーザーを認証する_login.phpスクリプトでrtmp.inc.php含める.
その他の変更点は、各積分の特殊性に応じて、要求される可能性が.

サンプルデモの設定

インストールのURL: http://www.videowhisper.com/demos/vc_web
RTMPアドレスを使用: RTMP://videowhisper.com/videowhisperウェブ

<財産>
<名前>webLogin</名前>
<値>HTTP://www.videowhisper.com/demos/vc​​_web/rtmp_login.php?S =</値>
</財産>
<財産>
<名前>webKey</名前>
<値>VideoWhisper</値>
</財産>
<財産>
<名前>webLogout</名前>
<値>HTTP://www.videowhisper.com/demos/vc​​_web/rtmp_logout.php?S =</値>
</財産>

RTMPセッション制御 (ログイン後やサードパーティのエンコーダ/アプリのために含みます)

セッション·ログイン制御に加えて、, WowzaためVideoWhisper RTMP側も提供することができます RTMPセッションに対するL (特別なライセンスは、サードパーティのサーバーに必要とされます).

これは、サードパーティのクライアントを監視するために使用することができ, VideoWhisper用途以外, Wirecast様, のFlash Media Live Encoderを (FMLE), オープンブロードキャスターソフトウェア (OBS), RTMPライブ放送用のiOS / AndroidのGoCoderアプリ.

例では、, 放送局は、外部エンコーダアプリケーションに直接接続した場合, ウェブサイトのスクリプトは、ライブとしての彼のチャネルを表示するには、この通知することができます.
また、Webスクリプトは、必要なときに、クライアントの接続を切断するために戻ってRTMPサーバーへの通信を行うことができます.

私のレビュー

フォームを確認..

レビュー

レビューを読み込む..

1 つの思想」VideoWhisper RTMP Webセッションをチェック”

コメントは受け付けていません.