mplayerのflvtool2 yamdi x264のTheoraのmp3lame vorbisのoggのFAAC ffmpegのをインストールします。

 

 

これはCentOSのサーバー上のビデオ共有のサポートを有効にするチュートリアルです.

これはffmpegのをインストールする必要があります, mplayerの, mencoderの, flvtool2, 闇だった, x264の, Theoraの, mp3lame, Vorbisの, oggの, FAAC, faad2, xvidから, メディア情報, MP4Boxは, neroaacenc . これらのツールは、サーバー上で有効になります:

  • ビデオとオーディオ変換
  • サムネイルの生成
  • FLVメタ注射 (flvtool2, 闇だった)
  • 余分なコーデック (x264の, Theoraの, mp3lame, Vorbisの, oggの, FAAC, faad2, xvidから)

これは機能的であり、私達はそれを私たちは、新しいサーバーを設定するたびに更新する.
インストールが使用して行われ “ルート” アカウント.

 

注目: あなたがコピー&ペーストは、以下のコマンドをする場合, ことを確認してください “-” に変換されません “.”. これらの変換を得る場合, 編集 “.” 後ろへ “-“. いくつかのオプションは使用 2 * “-“.

いくつかの前提条件:

 

rpm -ivh http://rpm.livna.org/livna-release.rpm

yum install libogg libogg-devel libvorbis libvorbis-devel
yum install x264 lame vorbis faac faad2 yamdi

セットアップのffmpegへの簡単な方法, mplayerの, mencoderの:

回転-Uhvのhttp://apt.sw.be/redhat/el5/en/i386/rpmforge/RPMS/rpmforgeリリース-0.5.2-2.el5.rf.i386.rpm

または あなたは、64ビットサーバーがある場合

回転-Uhvのhttp://apt.sw.be/redhat/el5/en/x86_64/rpmforge/RPMS/rpmforgeリリース-0.5.2-2.el5.rf.x86_64.rpm

yum install gcc gcc-c++ automake autoconf libtool yasm git subversion
yum install libogg zlib-devel libtool


yum install libogg-devel libvorbis libvorbis-devel
yumはffmpegのffmpegの-develでMPlayerのmencoderのをインストール-y ffmpeg-libpostproc

 

 

編集 /など/ ld.so.confに 提出し、次の行を追加:

/usr/local/lib
/usr/lib

あなたが行く
(X264 を得るために必要)

yum インストール カール devel expat devel gettext devel openssl devel zlib-devel

cd/usr/local/src
wgetのHTTP://www.kernel.org/pub/software/scm/git/git-1.8.4.2.tar.gz
-事前 git-1.8.4.2.tar.gz タールします。
cd git 1.8.4.2
プレフィックス =/usr/ローカルすべてを作る
プレフィックス =/usr/ローカル/インストールを行う
あなたが行く –バージョン
または :
yumを –disableexcludes = メイン インストール git
Git のマニュアル ページ:
cd/usr/local/src
wgetのHTTP://www.kernel.org/pub/software/scm/git/git-manpages-1.6.0.4.tar.gz
cd/usr/local/share/man
タール - 事前/usr/local/src/git-manpages-1.6.0.4.tar.gz

YASM

YASM がモジュラー アセンブラーです。, x264 に必要なパッケージ.

 

cd/usr/ローカル/src/
wgetのHTTP://www.tortall.net/projects/yasm/releases/yasm-1.2.0.tar.gz
タール zfvx yasm 1.2.0.tar.gz
cd yasm 1.2.0
./設定する
作る && make installを
CD ..

X264

cd/usr/ローカル/src/
git のクローン git://git.videolan.org/x264.git
cd/usr/local/src/x264
./設定する – -共有有効にします。 – -プレフィックス =/usr
作る && make installを
ls -s/usr/local/lib/libx264.so/usr/lib/libx264.so
必須コーデック
cd/usr/ローカル/src/
wget http://www.mplayerhq.hu/MPlayer/releases/codecs/essential-20071007.tar.bz2
tar xjvf essential-20071007.tar.bz2
mkdir /usr/local/lib/codecs/
mv essential-20071007/ /usr/local/lib/codecs/
chmod -R 755 /usr/local/lib/codecs/

またはすべてのコーデック:

cd/usr/ローカル/src/

wgetのHTTP://www.mplayerhq.hu/MPlayer/releases/codecs/all-20110131.tar.bz2
タール xjvf すべて 20110131.tar.bz2

mkdir /usr/local/lib/codecs/

mv 全 20110131 /usr/local/lib/codecs/

ラメ

cd/usr/ローカル/src/

wgetのHTTP://downloads.sourceforge.net/project/lame/lame/3.98.4/lame-3.98.4.tar.gz?r=http://sourceforge.net/projects/lame/files/&ts = 1285175656&use_mirror = スイッチ
タール事前ラメ 3.98.4.tar.gz
cd/usr/local/src/lame-3.98.4
./設定する
作る && make installを

OGG

cd/usr/ローカル/src/
wget downloads.xiph.org/releases/ogg/libogg-1.1.3.tar.gz
事前される-1.1.3.tar.gz タールします。
cd/usr/local/src/libogg-1.1.3
./設定する –共有有効にします。 && 作る && make installを
PKG_CONFIG_PATH =/usr/ローカル/lib/pkgconfig
輸出 PKG_CONFIG_PATH

VORBIS

cd/usr/ローカル/src/
wget downloads.xiph.org/releases/vorbis/libvorbis-1.1.2.tar.gz
事前 libvorbis-1.1.2.tar.gz タールします。
cd/usr/local/src/libvorbis-1.1.2
./設定する && 作る && make installを

Theora
cd/usr/ローカル/src/
wgetのHTTP://downloads.xiph.org/releases/theora/libtheora-1.1.1.tar.bz2
タール jxvf libtheora 1.1.1.tar.bz2
cd/usr/local/src/libtheora-1.1.1
./設定する –プレフィックス =/usr --enable-shared
作る && installls -s/usr/local/lib/libtheora.so/usr/lib/libtheora.so を作る
ために、FAAC
cd/usr/ローカル/src/
wgetのHTTP://downloads.sourceforge.net/faac/faac-1.28.tar.gz
事前のために、faac-1.28.tar.gz タールします。
cd/usr/local/src/faac-1.28
./設定する –プレフィックス =/usr
作る && make installを

FAAD2

cd/usr/ローカル/src/
wgetのHTTP://downloads.sourceforge.net/faac/faad2-2.6.1.tar.gz
ゼクスファクター第弾 faad2-2.6.1.tar.gz タールします。
cd faad2
autoreconf vif
./設定を無効にする-drm-無効にする-mpeg4ip
作る && make installを

その他の OpenJPEG
cd/usr/ローカル/src/
wget http://openjpeg.googlecode.com/files/openjpeg_v1_3.tar.gz
tar zxvf openjpeg_v1_3.tar.gz
cd OpenJPEG_v1_3

make && make install
ldconfig
VPX

cd/usr/ローカル/src/
wgetのHTTP://webm.googlecode.com/files/libvpx-v1.1.0.tar.bz2
xjf-libvpx-v1.1.0.tar.bz2 タールします。
cd libvpx v1.1.0
./設定する –プレフィックス =/usr –共有有効にします。 –無効にする静的
作る && make installを
Speexに
wgetのHTTP://downloads.xiph.org/releases/speex/speex-1.2rc1.tar.gz
-展開 speex-1.2rc1.tar.gz タールします。
cd speex-1.2rc1
./設定する –プレフィックス =/usr –共有有効にします。 –無効にする静的
作る && make installを
Xvid から
cd/usr/ローカル/src/
wgetのHTTP://downloads.xvid.org/downloads/xvidcore-1.3.2.tar.gz
タール zxfv xvidcore 1.3.2.tar.gz
cd/usr/local/src/xvidcore/build/ジェネリック
./設定する --enable-shared
作る && make installを
ls -s/usr/local/lib/libxvidcore.so.4.3/usr/lib/libxvidcore.so.4.3

Ffmpeg をインストールする前に, コーデックを特定の場所を検索のスクリプトのいくつかのリンクを設定します。:

LN -s /usr/local/lib/libavformat.so.50 /usr/lib/libavformat.so.50
LN-S /usr/local/lib/libavcodec.so.51 /usr/lib/libavcodec.so.51
LN -s /usr/local/lib/libavutil.so.49 /usr/lib/libavutil.so.49
LN -s /usr/local/lib/libmp3lame.so.0 /USR / libに/ libmp3lame.so.0
LN -s /usr/local/lib/libavformat.so.51 /usr/lib/libavformat.so.51
LN -s /usr/local/lib/libavdevice.so.52 /usr/lib/libavdevice.so.52

LN -s /usr/lib/libtheora.so.0.3.10 /usr / localに/ libに/ libtheora.so.0.3.10
LN -s /usr/lib/libx264.so.80 /usr/local/lib/libx264.so.80
LN -s /usr/lib/libtheora.so.0.3.10 /usr / localに/ libに/ libtheora.so
ln-s/usr/lib/libx264.so.80/usr/local/lib/libx264.so

FFMPEG (SVN から最新のダウンロード)

エクスポートの TMPDIR$ ホーム/tmp を =
export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/lib/
cd/usr/ローカル/src/
git のクローン git://source.ffmpeg.org/ffmpeg.git ffmpeg

cd /usr/local/src/ffmpeg
./設定する –enable-gplenable-version3 –共有有効にします。 –enable-nonfreeenable-postprocenable-libfaacenable-libmp3lameenable-libspeexenable-libopencore-amrnbenable-libopencore-amrwbenable-libtheoraenable-libvorbisenable-libvpxenable-libx264enable-libxvidenable-x11grabextra-cflags=”-I/usr/local/include” –extra-ldflags=”-L/usr/local/lib

作る && make installを
ln -s /usr/local/bin/ffmpeg /usr/bin/ffmpeg

FFMPEG configure options use 2 x “-“. Older version can be downloaded with git clone git://source.ffmpeg.org/ffmpeg.git ffmpeg

ERROR: Xfixes not found #
修正する: yum install libX*

 

MPLAYER

 

cd/usr/ローカル/src/
svn checkout svn://svn.mplayerhq.hu/mplayer/trunk mplayer
cd /usr/local/src/mplayer
svn update
cd /usr/local/src/mplayer
./設定する && 作る && make installを

ln -s /usr/local/bin/mencoder /usr/bin/mencoder
ln -s /usr/local/bin/mplayer /usr/bin/mplayer

FLVTOOL2
First install Ruby from WHM.

cd/usr/ローカル/src/
wget rubyforge.org/frs/download.php/9225/flvtool2_1.0.5_rc6.tgz
tar zxvf flvtool2_1.0.5_rc6.tgz
cd /usr/local/src/flvtool2_1.0.5_rc6/
ruby setup.rb config
ruby setup.rb setup
ruby setup.rb install

YAMDI

 

cd/usr/ローカル/src/
wgetのHTTP://downloads.sourceforge.net/project/yamdi/yamdi/1.4/yamdi-1.4.tar.gz?use_mirror=ufpr
tar zxf yamdi-1.4.tar.gz
cd yamdi-1.4
gcc yamdi.c -o yamdi -O2 -Wall
mv yamdi /usr/bin/
yamdi -h

INSTALLATION RESULTS

mencoderの: /usr/local/bin/mencoder
mplayerの: /usr/local/bin/mplayer
闇だった: /usr/bin/yamdi

Add these shortcuts to /usr/bin if you need these there by default:
mencoder to /usr/local/bin/mencoder
mplayer to /usr/local/bin/mplayer

SuPHP fix

With suphpenv -i” PHPスクリプトを実行する際に必要となる.

幹部(“ENV -iは/ usr /アム/PHP ” . $cmd. >/dev / nullに &');

メディア情報
HTTP://mediainfo.sourceforge.net/en/Download/CentOS

wgetのHTTP://downloads.sourceforge.net/zenlib/libzen0-0.4.14-1.i386.CentOS_5.rpm
wgetのHTTP://downloads.sourceforge.net/zenlib/libzen0-develで-0.4.14-1.i386.CentOS_5.rpm
wgetのHTTP://downloads.sourceforge.net/mediainfo/libmediainfo0-0.7.32-1.i386.CentOS_5.rpm
wgetのHTTP://downloads.sourceforge.net/mediainfo/libmediainfo0-develで-0.7.32-1.i386.CentOS_5.rpm
wgetのHTTP://downloads.sourceforge.net/mediainfo/mediainfo-0.7.32-1.i386.CentOS_5.rpm
回転-vi libzen0-0.4.14-1.i386.CentOS_5.rpm
回転-ti libzen0-develで-0.4.14-1.i386.CentOS_5.rpm
rpm -vi libmediainfo0-0.7.32-1.i386.CentOS_5.rpm
rpm -vi libmediainfo0-devel-0.7.32-1.i386.CentOS_5.rpm
rpm -vi mediainfo-0.7.32-1.i386.CentOS_5.rpm

ln -s /usr/bin/mediainfo /usr/local/bin/mediainfo

MP4Boxは

yum -y install freetype-devel SDL-devel freeglut-devel

wget -c http://mirror.ffmpeginstaller.com/source/gpac/gpac-full-0.4.5.tar.gz

tar -xzf gpac-full-0.4.5.tar.gz
cd gpac

./設定する –prefix=/usr/local/cpffmpeg/extra-cflags=-I/usr/local/cpffmpeg/include/extra-ldflags=-L/usr/local/cpffmpeg/libdisable-wxstrip

作る && make lib && make apps && make install lib && make installを

cp bin/gcc/libgpac.so /usr/lib

ln -s /usr/local/cpffmpeg/bin/MP4Box /usr/local/bin/MP4Box
ln -s /usr/local/cpffmpeg/bin/MP4Box /usr/bin/MP4Box

install -m644 bin/gcc/libgpac.so /usr/local/lib/libgpac.so
chmod +x /usr/local/lib/libgpac.so
ldconfig

neroAacEnc

wgetのFTP://ftp6.nero.com/tools/NeroDigitalAudio.zip
unzip NeroDigitalAudio.zip -d nero
cd nero/linux
sudo install -D -m755 neroAacEnc /usr/local/bin

ln -s /usr/local/bin/neroAacEnc /usr/bin/neroAacEnc

uploadprogress

cd/usr/local/src
wgetのHTTP://pecl.php.net/get/uploadprogress-1.0.3.1.tgz

 

t

ar -zxvf uploadprogress-1.0.3.1.tgz
cd uploadprogress-1.0.3.1
phpize
./設定する && 作る && make installを

Edit /usr/lib/php.ini and add:

extension =uploadprogress.so

 

 

FFMPEG2Theora

 

wgetのHTTP://v2v.cc/~j/ffmpeg2theora/ffmpeg2theora-0.29.linux32.bin
chmod +x ffmpeg2theora-0.29.linux32.bin
install -m 755 ffmpeg2theora-0.29.linux32.bin /usr/local/bin/ffmpeg2theora

 

wgetのHTTP://v2v.cc/~j/ffmpeg2theora/ffmpeg2theora-0.29.linux64.bin
chmod +x ffmpeg2theora-0.29.linux64.bin
install -m 755 ffmpeg2theora-0.29.linux64.bin /usr/local/bin/ffmpeg2theora

 

も参照してください:

HTTP://www.vimp.com/en/documentation-faq-article/items/howto-install-the-transcoding-tools-on-redhat-centos-etc.html

ASMは、モジュール式のアセンブラです, x264 に必要なパッケージ.

コー​​デック:$ wgetの \
HTTP://www.tortall.net/プロジェクト/yasm/リリース/yasm-0.7.0.tar.gz形式
コー​​デック:$ とり ジャスパーzfv​​x-0.7.0.tar.gz形式
コー​​デック:$ CD yasm-0.7.0
コー​​デック:$ ./設定する
コー​​デック:$ 作る && 作る インストール
コー​​デック:$ CD ..