Red5のLinuxサーバの最適化とツール

red5.shに追加する一部のJavaの最適化 :

輸出JAVA_OPTS =”-XRS -Xms128m -Xmx256M -Dsun.rmi.dgc.client.gcInterval = 300000 -Dsun.rmi.dgc.server.gcInterval = 360000 -Djava.net.preferIPv4Stack =真-XX:+ExplicitGCInvokesConcurrent -XX:+UseConcMarkSweepGC -Xverify:なし”

再起動またはが動作しているかどうかに多くの場合必要 red5 は/opt/red5/dist 管理者でインストールされたと仮定すると.

必ずRed5のを再起動してください: restart.sh

#!/binに/ bashの
#プロセスを再起動します。
#実行している場合、最初に参照してください。
PID ='ps -eo ' tty pid 引数’ | grep ' red5’ | grepの-vグリップ | grepの-v再起動 | tr -s ‘ ‘ | カット - f2 d ‘ ‘`
CDの/ opt / RED5はdist /
場合 [ -から “$PID” ]
その後
#稼働していない
エコー “Red5のは `date`で実行されていなかった” >> /オプトイン/ RED5 / distの/ランrestart.log
ほかに
エコー “Red5の: $PID”
#シャットダウン
/オプトイン/ RED5 / distの/ RED5-shutdown.sh
睡眠 6
#ことを確認してください
$ PIDを殺す >> ナル
睡眠 2
ある
#スタート
/オプトイン/ RED5 / DIST / red5.sh >> /オプトイン/ RED5 / DIST / red5.log &
エコー “リクエストに応じてdate` `でRed5の再起動” >> /オプトイン/ RED5 / distの/ランrestart.log

マーレ必ずRed5のプロセスが実行されている, それを起動しない場合: running.sh

#!/binに/ bashの
#設定された環境
PID ='ps -eo ' tty pid 引数’ | grep ' red5’ | grepの-vグリップ | グレップ-vランニング | tr -s ‘ ‘ | カット - f2 d ‘ ‘`
場合 [ -から “$PID” ]
その後
#プロセスを再起動します。
CDの/ opt / RED5はdist /
/オプトイン/ RED5 / DIST / red5.sh >> /オプトイン/ RED5 / DIST / red5.log &
エコー “`date`でRed5の再スタート” >> /オプトイン/ RED5 / distの/ランrestart.log
ほかに
#何もしない
エコー “Red5のは、すでに `date`でPID = $ PIDで実行されている” >> /オプトイン/ RED5 / distの/ランchecked.log
ある

Red5のサービス
Red5のホスティング
VPS上のRed5のインストール & 専用サーバー (リナックス / ウィンドウズ)

私のレビュー

フォームを確認..

レビュー

レビューを読み込む..