Red5の 1.0 RC2の下位互換性

最新のRED5バージョン ( Red5のリビジョン > 4326 ような 1.0 RC2 ) 古いアプリケーションとの互換性のないRED5を作る変化をもたらす.
これらのアプリケーションが動作するために変更が必要である.

更新VideoWhisperのRTMPアプリケーション 使用のために、または他のアプリケーションを更新するためのサンプルとしてダウンロードすることができます.

 

これは、Red5ののGoogleのグループで覆われている:

リビジョン 4326 Red5のを使用してアプリケーションを構築するか、実行時に問題が表示されます. あなたが陥るだろう問題のほとんど

欠落しているクラスにしている; ほとんどの場合、あなただけの追加することができます “スコープ” あなたの輸入または実行するパッケージ “輸入を最適化” Eclipseで. 私はあなたに実行することがいくつかの項目に対処しているの下.

 

 
1. IScopeは型に解決できません

– 最新の更新RED5ジャーまたはソース

– IScopeの正しい位置がorg.red5.server.api.scope.IScopeです, 以前にそれがorg.red5.server.api.IScopeた

 
2. 輸入org.red5.server.api.IScopeは解決できない

– 最新の更新RED5ジャーまたはソース

– IScopeの正しい位置がorg.red5.server.api.scope.IScopeです, 以前にそれがorg.red5.server.api.IScopeた

 

 
3. WebScopeが見つかりません

– アプリケーションのRED5-web.xmlを開き、変更し “web.scope” Beanクラスへ

<ビーンのid =”web.scope” クラス=”org.red5.server.scope.WebScope” のinitメソッド=”登録する”>

これの代わりに

<ビーンのid =”web.scope” クラス=”org.red5.server.WebScope” のinitメソッド=”登録する”>

 

 
4. メソッドのシグネチャは、xxxxは一致していません.

– これでは修正はIteratorを受け取り、代わりにコレクションを利用するためにあなたの期待を変更することです. スコープ法

ここに示されているようにスコープ名を取得するために今セットを返します。:

 

公共セット<文字列> getScopeNames()

 

 
5. パラメーター “タイプ” 文字列と一致していません.

– スコープ用, そのタイプは、もはや文字列によって識別されないが、代わりにScopeTypeの列挙型を使用します. 基本的な取得するための古い方法

スコープ名はそうのようだった:

 

公共イテレータ<文字列> getBasicScopeNames(文字列型)

 

これは新しいバージョンです:

 

公共セット<文字列> getBasicScopeNames(ScopeTypeタイプ)

 

私のレビュー

フォームを確認..

レビュー

レビューを読み込む..